活用事例

射出成形品に含まれるガラス繊維の可視化

射出成形品に含まれるガラス繊維の可視化

ガラスフィラー入り射出成型品ガラスフィラー入り射出成型品
  • 撮影装置:nanotom m
  • 試料寸法:20.5 × 30.5 × 6.5 mm
  • 撮影時間:45 分
  • ボクセルサイズ:

課 題

製品内部の繊維を可視化したい

射出成形品内部の繊維・粒子の分布・方向の確認、また繊維が全体的にどの方向を向いているのかを可視化することが課題でした。

射出成型品をCTスキャン射出成型品をCTスキャン

提 案

CTスキャンによって可視化したガラス繊維CTスキャンによって可視化したガラス繊維

充填されたガラス繊維を撮像
解析ソフトウェアで繊維配向解析を実施

CTスキャナをもちいれば、射出成形品内部のガラスフィラー、炭素繊維、金属粒子などの分布、方向を全部位に渡って確認することが出来ます。また、繊維が全体としてどの配向を示しているのかを、「繊維配向テンソル」として3Dデータ上に図示することが可能です。

ガラス繊維を配向解析によって解析ガラス繊維を配向解析によって解析

解析結果の出力

本件では製品内の樹脂の配向や、製品のどの部分にガラス繊維が多く分布しているのかを観察することに成功しました。解析結果は専用ソフトウェアで閲覧可能なVGL形式や、JPEG形式などの連続した断面画像、断面画像を繋げた動画ファイルなどで出力可能です。

サンプル撮影画像

  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析
  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析
  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析
  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析
  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析
  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析
  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析
  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析
  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析
  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析
  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析
  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析
  • 射出成形品の繊維配向解析射出成形品の繊維配向解析