主な撮影対象

ミリフォーカスCTスキャナphoenix v|tome|x c450は、アルミニウム鋳造製品や小型鋳鉄製品、大型の樹脂製品などを主な撮影対象としています。ナノ、マイクロフォーカスCTスキャナと比較すると出力が高く(最大 1,500W)、またX線管最大電圧は450kVとX線の透過力も高いため、ある程度の厚みを持った金属・樹脂でも撮影が可能です。

また、装置内部のワークサイズはφ500×1,000mmと、ナノ、マイクロフォーカスCTスキャナでは撮影が出来ない大型サンプルも撮影が出来ます。これらの理由から、アセンブリされた部品や軽金属製品の内部品質検査(クラック、ボイド、鋳巣などの検出)、内部形状の寸法測定、肉厚測定、リバースエンジニアリングなどにもちいられ、自動車や航空・宇宙、産業機械、ロボット、造船などの産業分野で活用されています。

phoenix v | tome |x c450 の主な仕様

装置の特徴

phoenix v|tome|x c450は、ラインディテクタアレイ(LDA)とフラットパネルディテクタ(FPD)と呼ばれる、2つのタイプの検出器を搭載しています。FPDはX線検出素子が平面的に並んでおり、LDAと比べて非常に短時間で高い精度のデータを取得出来るのが特徴です。

このため、金属・樹脂製品の内部品質検査、アルミニウムなど軽金属製品の正確な形状データを取得することに適しています。LDAはX線検出素子が線状に並んでいるため、試料を上下方向に一層ずつ撮影する必要があり、試料全体のスキャンには長時間を要します。このデメリットに対して、コリメータと呼ばれる光学部品をもちいることで、光収差によって発生する不完全な像を除いたノイズが少ない高品質なデータを得ることが出来るというメリットがあります。

その他の特徴として、X線漏洩を防ぐ鉛製のキャビネットを装備し、X線を装置内に封じ込めているため、放射線管理区域を設ける必要がありません。これによって、簡便かつ安全に検査・測定業務を行うことが可能です。また、CTスキャナ本体とデータ再構成用のPCが分離しており、撮影を進めつつデータ処理を並行して行うことが可能です。このため、数多くのサンプルを短時間で撮影・検査することが出来ます。

オプション機能・サービス

産業用CTスキャナ業界において標準的に使われている解析・可視化ソフトウェア「VGStudioMAX」を使用し、寸法、肉厚、平面度、繊維方向など再構成データの解析、断面画像のJPEG、TIFF、BMP、DICOM出力、外観形状のSTL出力、測定値と設計データとの比較・カラーマッピング、鋳造プロセスシミュレーション(MAGMA)用データの出力、断面・3Dアニメーションの制作などを行うことが可能です。

特に、アルミニウム鋳造品などの内部欠陥(鋳巣など)可視化・測定、製品設計値とCTスキャン実測値を比較し3Dデータ上に誤差をカラーマッピングすること、金属・樹脂・セラミックスなどさまざまな素材が組み合わされた製品の内部状態を可視化・寸法計測することに適しています。

page top