コネクタ端子の寸法測定

PS2コネクタ

直径0.6mm程度の複数の端子間の距離を測定したい


コネクタ内部にある端子の歪み具合を、製品を分解せずに測定することが課題でした。検体のコネクタは小さく、測定箇所も開口部から深い位置のため、接触式の方法では測定が困難であった。

コネクタの断面画像

コネクタの寸歩を測る

コネクタ全体を短時間でスキャン
1度のスキャンでピンの任意の位置が測定可能に


CTスキャンでは製品内部の形状を取得し、専用のソフトウェア上で測定することが可能です。この事例の場合では、2本の端子間の距離を測定するために、フラットパネルでコネクタ全体をスキャンしています。フラットパネルを使ったスキャンでは、一度に広い領域を測定することが出来るため、正確な検査結果を短時間で得ることが可能です。

サンプル撮影画像


CTスキャン注文

page top