製品内部の形状計測

修正テープ

組み立てられた製品を分解せずに測定したい


アセンブリされたまま、製品内部の各部品の形状や間隔を測定することが課題でした。また、組合わされたパーツをデータ上で分解して、それぞれの形状・寸法データを取得することが必要でした。

nanotomの内部

修正テープの内部

CTではX線を使用してスキャンを行うため
見えない範囲まで全域の形状が取得可能


CTスキャナは物体を透過するX線を使って製品を計測するため、内部形状の取得、内部寸法の測定を行うことが出来ます。特に、接触式や可視光を使った非接触方式の三次元測定機では難しい、多数の部品が組み合わされた製品の計測に力を発揮します。

修正テープの断面画像

スキャンしたデータは専用ソフトウェアで
分解、測定、解析などの編集が可能


また、製品のボリュームデータ(三次元データ)を一度取得すれば、任意の断面を表示したり、データ上で部品を分解したり、別々のSTLデータとして出力することが可能です。

サンプル撮影画像


ボリュームデータ
ボリュームデータ
ボリュームデータ
断面画像
断面画像
断面画像
断面画像
断面画像
断面画像
断面画像
断面画像
断面画像
断面画像
CTスキャン注文

page top